株式会社松元建設
- 宮崎県都城市およびその他周辺地域の不動産情報(土地、中古住宅)

会員登録
自分らしく、心地よい。わたしたちが提供できるのは、あなたらしいデザインと、心地よく安心できる環境、そんな暮らしを始めるお手伝い。
都城リノベーション不動産が「自分らしく、心地よい。」を叶えます。
都城リノベーション不動産 代表取締役 松元正次

 都城リノベーション不動産は、株式会社松元建設の不動産事業部です。松元建設は、地域都城市に根ざして一筋、24年以上。お客様のご要望を叶えるデザイン性の高い新築・リフォーム・リノベーションだけではなく、快適で安心な暮らしの為に温熱環境、耐震性能にこだわった新築・リフォーム・リノベーションをご提供してまいりました。

 最近では、一度当社でリフォームをされたお客様や、地域の若い世代のご家族から「中古物件を探している」、「家を建てるための土地を探してほしい」といったご要望が多く寄せられるようになり、本格的に、不動産事業を始めております。

 お客様の「自分らしく、心地よい。」生活のため、経験豊富で資格も充実したプロがお客様の理想の家づくりに対してライフスタイルも含めてアドバイスし、オンリーワンのご提案をいたします。暮らしにかかわる総合窓口として、「都城リノベーション不動産」を掲げ、さらにお客様に喜んでいただけるよう社員一同取り組んでまいります。

都城リノベーション不動産 代表取締役 松元正次
理想のお家を実現する提案ができる4つのポイント。
Point.1 リノベーションに最適な不動産物件をご紹介
親子

 リノベーションに最適な不動産物件は、松元建設不動産事業部「都城リノベーション不動産」にお任せください。

 わたしたちは、宮崎県都城市、三股町、鹿児島県曽於市を中心に中古物件、土地のご紹介をしております。大手の不動産会社のように、広いエリアで紹介するのではなく、私たちが知っている土地の物件にこだわっています。

 ご紹介する前には、まずは物件のある地域周辺を歩いてみます。物件を選ぶためには実際に部屋を見ることはもちろんですが、近隣での騒音や悪臭、過去の水害等・宅地の地盤状況及び住宅の劣化等もチェックしています。都城リノベーション不動産では、ただリノベーションに適した物件を紹介するだけではなく、そこで生活を送るために大切な近隣周辺の様子なども一緒にお伝えしていければと考えています。

 このように、少々手間のかかる物件のご紹介方法なのですが、そのひと手間が、地元に密着したリノベーションに最適な不動産物件をご紹介する最良の手段と考えております。

家
住宅診断を実施します!

購入に際してご希望される方には無料にて「住宅診断」を実施し、優良住宅の案内をしています。劣化状況、耐震性、断熱性等を松元建設の建築士・耐震診断士が行っております。

購入資金+住宅リフォーム資金の一括借り入れをオススメします!

購入資金+住宅リフォーム資金(またはリノベーション資金)の一括借り入れで、物件購入とリフォームの同時進行ができ、最長30年の返済計画が可能です。
住宅の購入資金を借り、購入後リフォーム資金を借りると35年ローンと15年ローン等の二重のローンを組むことになり、月々の返済額が増える傾向になります。それに伴い2口の諸費用も発生し、リフォーム・リノベーションをお考えの方には十分な工事ができなくなる恐れがあります。松元建設では、物件の購入資金と住宅リフォーム資金の一括借り入れをオススメしています!

Point.2 「憧れ」実現をお約束するデザイン
リフォームアドバイザー
あなたの「憧れ」に私たちがお応えします!

 リフォームの相談を受けさせて頂く女性スタッフ5名、男性1名を「設計デザインおうかがい隊」としてつくり、安心安全のリフォームを実施しています。

 女性1級建築士1名、女性2級建築士2名、女性インテリアコーディネーター2名、男性二級建築士1名が設計デザインに携わり、最初のご相談を受け現調、インスペクション(耐震診断士等の同行にて)、聞き取り、設計、デザイン、プレゼン、積算、契約、発注、そして最後のお引き渡しまでの全ての業務を主に女性が担当します。

女性設計デザインご相談おうかがい隊を設けた理由として…

多くの家庭では水回りの家事は女性が受け持っており、全面的なリフォームにおいても家事動線や収納計画等、女性が相談相手の方が適していると考えたからです。
女性特有の細やかな気配りができる事や、奥様方に気軽にご相談して頂けるようにと考えています。
実際にお客様から「女性スタッフの方がいる会社なので相談しました」と言って頂くことが多くあります。建築士・インテリアコーディネーターの設計デザイン、社員施工の良品質、ローコスト施工を活かし、そして地元産の自然素材を使用し、心地良い空間づくりに努めています。

Point.3 松元建設が考える心地よい住まいへの思い 松元建設が考える心地よい設計デザイン
夏の暑さ対策
夏涼しく冬温かく過ごせる住まい

夏の季節は窓から直射日光が入ることで床や壁の表面温度が上がります。

 直射日光を防ぐ為に、遮熱スクリーンや外付けブラインド、遮熱フィルム、ゴーヤ等の緑のカーテンを作る。落葉樹を植える等があります。特に緑の植物は日陰空間を作る以外に植物自体の浄散作用で周囲まで涼しくします。樹木の日向側の葉の周辺で熱せられた空気の上昇気流が、日陰側に涼しい下降気流を生み出し、心地良いそよ風が感じられます。家の回りに落葉樹の小さな林を作って頂いたらいかがでしょうか?

・樹木を植えることにより、建物の外のコンクリートや車などの、熱だまりからの放射熱を防ぐ
・屋根の焼け込みを防ぐ対策
 屋根に断熱塗料を塗る 天井空間に熱の逃げるガラリや棟換気を設ける、天井断熱を十分に施す
・屋内を風がよく通る家にし、特に北側よりの涼しい風を取り入れられるように北側にも木を植え、木陰を作る。
・道路よりの二次放射熱を防ぐ為に家の回りに生垣を設ける
・昼間に温まった家(壁や天井)を冷やす為に夜間鍵をかけても通風できるように格子等工夫する。

自然素材で造る家
自然素材 都城市

住まいは寒さや暑さ、風雨や災害などの、外敵から私たちを守ってくれるいわばシェルターです。シェルターが木や土や紙の自然そのもので出来ている事は心地よい空間の大きな要素であると考えます。人間は空気や水や地球上のさまざまな物質でできており、数百万年もの間、森や洞窟の中で暮らしてきたため、自然の物に囲まれている事が最も心が安らぐのではないでしょうか。

木や土や紙のこと

木や土や紙は、室内空間をきれいにし、カビやダニを防ぐ素材です。湿度が高いと吸収し、逆に低いと放湿します。カビやダニが繁殖しにくく、湿度を40~60%台に保ちます。特に蒸し暑い季節は湿度が下がるだけで、室温は同じ温度でも涼しく過ごす事が可能になります。また冬ではインフルエンザウィルスが活動しにくい環境を作ります。最近のリフォームや家造りでは価格の面を考慮し、材料に新建材がよく使用されますが、木や土や紙のように吸放湿性を持たない材料では結露が起きやすく、カビやダニが発生する可能性が多いです。自然素材は化学物質の放散がなく調湿性や消臭性、空気の浄化作用があり、心地良い室内環境を作ってくれます。また、肌触りの良さや、見た目の優しさがあり、経年美化の味わい深さがあります。


夏の暑さ対策
夏涼しく冬温かく過ごせる住まい

窓は光を取り入れ、風を通し、風景を切り取り、視線の抜けを作ります。心地よい暮らしに欠かせない窓の設計を工夫しています。

夏の暑さ対策
夏涼しく冬温かく過ごせる住まい

間仕切りを省いたオープンな間取り、吹抜けのある空間、回遊動線、開閉幅を自由にできる引き戸の利用、格子を利用し奥行きを感じられる方法。ガラスやアクリル等の透ける素材で仕切る、間仕切りを目の高さでカットする、視線の抜けを利用する方法等の設計デザインを行います。

夏の暑さ対策
夏涼しく冬温かく過ごせる住まい

デッキ・バルコニー・テラス等を設け、四季の季節の移ろいや半戸外空間を楽しんで頂いたらいかがですか?デッキに屋根があると雨天でも洗濯干し場になったり、緑、風、光を身近に感じながら、窓の外に四季折々の移り変わりを味わえる落葉樹を植えると一年を通じ、豊かな気分を味わえます。

夏の暑さ対策
夏涼しく冬温かく過ごせる住まい

空間の居心地や雰囲気を大きく変えるのが照明計画です。以前は、一室一灯的な白色のシーリングライトの使用が一般的でしたが、単に明るさだけではなく、くつろぎの場の演出や空間に明暗を作ったり、立体的に見せたり、華やいだ雰囲気を作ったりと様々な用途の照明が使われるようになり、又電球もLED電球が主流になりつつあります。照明計画は室内デザインの大きなポイントです。シーリングライト、ブラケット、スポットライト、ペンダント、フロアーランプや柔らかな間接照明等の提案も行っています。

Point.4 安心な生活をお約束する耐震性能
リフォームアドバイザー
大地震が起きた時、いのちを守ってくれる家

 日本は地震列島です。今後もM8クラスの大地震が30年~50年の間に4~5回起こると予測され、M7クラスはその数倍以上起こると予測されています。
「私の家の耐震診断をしてください」というご依頼はそう多くはありませんが、巨大地震が起きたら、昭和56年4月以前に建築された家は倒壊の危険性があると指摘されています。
 昭和56年から平成12年5月までに着工した住宅は耐力壁のバランスや接合金物の使用にやや不安が指摘されております。家の屋根面や外壁、内壁また床のリフォーム(リノベーション)を行う場合は耐震性能の向上を行う事が可能になります。幣社の耐震診断士が建物診断を無料にてご相談に応じており、県や市からの耐震診断を行い、耐震補強の補助事業の認定を受け、手続き等を行っています。

リフォーム、リノベーションを行う時こそ耐震診断の絶好の機会だと思います。施工前に診断をすることで、中古物件の耐久壁の強さ、壁の配置、劣化度などを詳細に診断し、リフォーム後の生活に「安心」がお約束されます。

不動産・リフォーム・新築
すべてワンストップサービス

株式会社松元建設は「暮らしの総合窓口」
不動産リフォーム新築

 松元建設には、リノベーション向け不動産をご紹介する事業部「都城リノベーション不動産」、耐震性能・温熱環境にこだわったリフォームをご提供する事業部「リフォームセンターマツモト」、自然素材にこだわった注文住宅をご提供する事業部「松元建築士事務所」があります。

 中古物件、土地探しから、お客様のご要望に応じたリフォーム、新築の提供まで、暮らしに関わる全てのことを相談できる窓口を設け、お客様からのご相談にお応えできる体制を作っております。家づくりは、お引渡しが終われば完了するものではなく、その後のメンテナンスなど長くお付き合いが続くものです。

「また何かあったら、松元建設さんにお願いしたい。」

これからもお客様からこうした言葉をいただけるように、暮らしの総合窓口として、ワンストップリノベーションをお客様にご提供し、地域の暮らしを支えていきたいと思っております。

 ページの先頭へ